巨人・原監督“仰天演出”モタを支配下登録へ!絶好調2年目育成ドミニカン、ナインも「異議なし!」

[ 2020年2月28日 05:31 ]

笑顔を見せながら自転車で引き揚げるモタ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 オープン戦を無観客で開催することが決まってから初の公の場。ジャイアンツ球場で巨人・原監督は自ら報道陣に「大変な事態になってきた。しかし、前向きにいかないと。開幕をいい形で迎えるための最善策。後ろ向きに考えるのではなく」と切り出した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、この日の全体練習もスタンドを閉鎖して行われた。球界にも不安は広がる。ファンのためにも明るい話題を――。指揮官は「いいニュースを発したい」と大胆な行動に打って出た。

 まずはコーチ陣の意思を確認。ナインに円陣で、育成外国人・モタの「支配下登録」の決を取った。選手からは「異議なし!賛成!」という声が上がり、大きな拍手。本人はうれしさのあまり「モタ~っと笑っていた」(原監督)。満場一致。その足で自ら、大塚淳弘球団副代表編成担当に直談判に向かった。

 育成2年目のドミニカンが、近く正式に支配下登録される見込みとなった。背番号は「44」が濃厚。春季キャンプ途中から1軍昇格し、実戦11試合で打率・341、1本塁打、9打点。好感の持てるひたむきな練習態度も加味され、原監督から今キャンプのMVPにも選ばれた。

 モタは正式契約前のため支配下登録については話さなかったが「早く東京ドームでプレーしたい」とはにかんだ。(神田 佑)

 ▼イスラエル・モタ 1996年1月3日生まれ、ドミニカ共和国出身の24歳。ベセル高―ナショナルズ傘下マイナーを経て18年12月、巨人入り。19年のイースタン・リーグでは22試合に出場し32打数10安打(打率・313)、1本塁打、6打点。1メートル88、98キロ。右投げ右打ち。

 ▼巨人阿部2軍監督(支配下登録見込みのモタについて)これからが勝負。(現状で)満足してほしくない。1軍で活躍するところも見たいし、何かあればアドバイスしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース