ロッテ安田 3安打4打点も守備課題 一塁&三塁でミス…「競争に振り落とされないように」

[ 2020年2月28日 05:30 ]

練習試合   ロッテ11-5オリックス ( 2020年2月27日    SOKKEN )

オリックスとの練習試合の6回2死二、三塁、右前2点適時打を放つロッテ・安田(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ロッテ・安田が、キャンプから続いていた長期遠征の最終日に3安打4打点とアピールした。3回、山本の直球を右中間適時二塁打とし「良いスイングができた。これを続けていけるように」。6回には右前打、8回には左前打を放った。

 一方、守備では課題も見えた。一塁では飛び出した走者へのけん制球を握り直している間に進塁を許し、三塁では三遊間の打球をさばけず左前打とした。井口監督は昨季のイースタン・リーグ3冠王へ「スタートで出られるようにしないと。オープン戦、数字が出てくる中でしっかりとアピールしてほしい」と期待。29日からのオープン戦に向け、安田は「競争に振り落とされないようしがみついていきたい」と意気込んだ。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース