マー君、2回2失点も「上出来」OP戦初登板146キロに手応え

[ 2020年2月28日 02:30 ]

オープン戦   ヤンキース8―2ナショナルズ ( 2020年2月26日    タンパ )

〈ヤンキース・ナショナルズ〉先発でオープン戦初登板した田中
Photo By 共同

 ヤンキース・田中がオープン戦初登板し、2回2安打2失点、2三振1死球だった。リードにスプリットを2ランされたが、最速91マイル(約146キロ)の速球を高めに集め攻めた。「上出来でしょう。ここ数年、最初のゲームで91とか出ていなかった」と振り返った。

 雨男らしく天気予報は悪かったが、5回降雨コールドとなる前に予定のステップを踏めた。「(一番は)マウンドに上がれたこと。ノーチャンスな感じから、どんどん雨の時間がずれていってくれた」。昨季苦労したスプリット、改良中のカットボールにも手応えを深めた。先発右腕セベリーノが手術で今季絶望となったが、今後の予定変更は「ないと思いますよ」。

 次戦は3月3日(日本時間4日)、レッドソックス戦先発を予定している。(杉浦大介通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース