大谷、全打席ノーステップ打法も 2打数2三振1四球 

[ 2020年2月28日 07:37 ]

パドレス戦前にフリー打撃で鋭い打球を飛ばす大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が27日(日本時間28日)、米アリゾナ州テンピで行われたパドレス戦に「4番・DH」で出場し、2打数無安打1四球だった。

 初回2死一塁は先発左腕モレホンの高めの97マイル(約156キロ)直球に空振り三振。4回無死一塁でも右腕ベアラクアの外角高めの92マイル直球(約148キロ)に振り遅れ、2打席連続で空振り三振を喫した。6回2死一塁で迎えた最終3打席目は右腕ケサダから四球を選んだ。

 オープン戦初出場だった25日のレッズ戦も「4番・DH」で出場し、2打数無安打、1死球。今キャンプから取り組む右足を上げる新打法と昨季までのノーステップ打法を交互に取り組んでいたが、この日の3打席は全てノーステップ打法で打席に立った。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月28日のニュース