西武・佐藤 山川流でチーム1号 三塁獲りへ「自分貫く」

[ 2020年2月14日 05:30 ]

紅白戦   白組8―1紅組 ( 2020年2月13日    南郷 )

紅白戦の2回2死一塁、先制の左越え2ランを放つ佐藤(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 2年目の西武・佐藤が、チーム1号を放った。今季初の紅白戦に白組の「7番・三塁」で出場。2回、新外国人・ノリンの初球、146キロの高め直球を左翼席後方の防御ネットに突き刺した。

 「球が速いと聞いていたので対応する意識を持った。強く振れた。昨季と比べ打席で下半身の体重移動ができてきた」

 昨季は新人ながら52試合に出場し、プロ初アーチ含む2本塁打を記録した。飛躍を期す今年、富士大の先輩、山川の沖縄自主トレに同行。徹底的に振って下半身をつくる「山川流」を体に刻んで、キャンプに臨んでいる。

 昨季打点王の正三塁手、中村の壁は高いが「(現在2軍調整中の)中村さんも仕上げてくると思う。自分は自分を貫いていく」と意気込んだ。 (大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月14日のニュース