12球団代表者会議 現役ドラフトを協議「今季中の実施目標」

[ 2020年2月14日 05:30 ]

 プロ野球の12球団代表者会議が13日、那覇市内で開かれ、選手会と協議を続ける「現役ドラフト」について議論した。

 1月22日の選手会との事務折衝で今季中に実施する方向性は一致したが、NPBの案を持ち帰った選手会側から、この日新たに要望書が届いた。「その点を協議したが、今日結論は出ていない。あくまでも2020年シーズンからやることを目標に協議を続けていく」と選手関係委員会の谷本修委員長(阪神球団本部長)。次回3月9日の実行委員会で意見を集約し、合意を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月14日のニュース