“筒香後継者”DeNA・4番佐野が初対外試合で2安打&1打点 ラミレス監督ご満悦「素晴らしい結果」

[ 2020年2月14日 05:30 ]

練習試合   DeNA3―6中日 ( 2020年2月13日    北谷 )

<中・D>6回1死、右中間二塁打を放つ佐野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは初の対外試合で敗れたが、4番・佐野のバットがチーム初得点を生み出した。2点を追う4回無死一塁。笠原から右中間を真っ二つに破る適時二塁打を放ち「結果が出てくれて一安心」と頬を緩めた。昨季課題としていた左腕を攻略して波に乗ると、6回にも右中間二塁打。ラミレス監督は「キャプテンとして、4番として、初の対外試合で素晴らしい結果を残した」と喜んだ。

 メジャーに移籍した筒香(レイズ)の後継者として期待され、4番の重責を担いながら主将にも大抜てきされた25歳。「今のポジションを誰にも渡さないように。外野のレギュラー争いはし烈。打ち続けて、シーズンに入っても打てるように」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月14日のニュース