マー君 “自然体”で7年目キャンプスタート チームの変化も「チャンス」

[ 2020年2月14日 05:32 ]

キャンプ初日を終え、取材に応じる田中(撮影・杉浦 大介通信員)
Photo By スポニチ

 メジャー7年目を迎えるヤンキースの田中将大投手(31)が13日(日本時間14日)、米フロリダ州タンパでキャンプ初日を迎えた。キャッチボール、投内連係、ダッシュなどで精力的に汗を流し「始まったなという感じです」と語り、「投手コーチ(マット・ブレーク氏)もそうですし、いろいろ新しいスタッフも入られて、チームが少し変わったっていうところもありますけど、僕としてはそういう状況はチャンスだという風に思っています」と前向きに語った。

 昨季は11勝9敗、防御率4・45で6年連続2桁勝利を達成。今季は契約最終年となるが「そういう事実があるっていうことは、1つありますけど、自分がプレーすることにおいてはまったく関係ない。そこには全然思いはないので、まあいつも通りです」と自然体を強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月14日のニュース