日本ハム・金子 2回を完全 カーブに新境地「投球の幅広がる」

[ 2020年2月14日 05:30 ]

練習試合   日本ハム1―2楽天 ( 2020年2月13日    名護 )

<日・楽>金子は2イニング打者6人をピシャリ(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 実戦初マウンドに上がった日本ハム・金子が、カーブに新境地を見いだした。先発して2回、打者6人を完全に抑える圧巻の内容。その中でも2回先頭の内田に対し、カウント1―1からカーブで見逃しストライクを奪って追い込み、二ゴロに仕留めた。

 投げたのはこの1球だったが「去年まで変化球の中でストライクを取るのに信用していなかった球。信用できれば自分としても楽だし、投球の幅も多少広がる」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月14日のニュース