巨人・丸 初実戦で二塁打&右前打「1球目から反応できた」

[ 2020年2月14日 05:30 ]

巨人紅白戦   1軍7―1 2・3軍 ( 2020年2月13日    サンマリン宮崎 )

紅白戦で丸は2打席目も初球を安打(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 格が違った。実戦初出場となった巨人・丸は「3番・中堅」で出場。初回2死から右中間二塁打を放つと、4回には先頭で右前打。ともに初球を捉え「ストライクゾーンに来た球に、1球目から反応できた」と話した。

 今キャンプは亀井や坂本らとともにマイペースでの調整を認められた。「初めてですね」と戸惑いもあったが、連日のように居残り特打。「実戦に入ったときに、1打席目からしっかりスイングができるように重ねていこうと」。迎えた初実戦。ファームの投手相手とはいえ、描いた通りの結果を出した。

 2打席目の後に代走を送られ、お役御免となった。「強く振れていない。そこは今後しっかりと調整して」と反省も忘れない。今季も頼もしい存在になりそうだ。 (川手 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月14日のニュース