イチロー氏も“キャンプイン” 変わらぬ動きの良さ披露 雄星&平野にエールも

[ 2020年2月14日 07:45 ]

相変わらずの動きの良さを見せたイチロー氏(AP)
Photo By AP

 マリナーズで会長付き特別補佐兼インストラクターのイチロー氏(46)も13日(日本時間14日)、米アリゾナ州ピオリアでキャンプ初日を迎えた。若手外野手の自主練習を見守るだけでなく自らベースランニング、外野守備なども行なうなど、相変わらずの動きの良さを披露した。

 イチロー氏は「結局、ベースランニングを一緒にやっていますからね。(守ってもいて)あんまり変わんないですけど。やっていることは変わらないです(笑い)」と語り、「求められた時に見せてあげたいなと思って。あるかどうかわからないですけど」と指導者としての顔をのぞかせた。

 菊池については「立場的には結果出さなきゃしようがない。来年にはエースの座を勝ち取らなきゃいけないですから。来年に向けて今年は大きな1年になるんじゃないですか。しなきゃいけないと思います」。オリックスの後輩にあたる新加入の平野については「平野がルーキーの時に最初に対戦したのが僕だった、宮古島でね。そういう縁はあるし、オリックスだし。ただクローザーのチャンスがあるでしょうからね、このチームには」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月14日のニュース