ロッテ・佐々木朗 捕手座らせ33球

[ 2020年2月14日 14:01 ]

<ロッテキャンプ>投球練習する佐々木朗 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が14日、平地ながらプロ入り後初めて捕手を座らせた投球を行った。前日には初めてのブルペン入りで中腰の捕手相手に25球。「全体的に駄目だった」と納得していなかったが、疲労を感じさせずこの日は5分間で33球を投じた。

 チームは13日に石垣島キャンプを打ち上げた。この日は沖縄県沖縄市のコザしんきんスタジアムで広島との練習試合で、佐々木朗も帯同。試合前に室内練習場で練習を行った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月14日のニュース