西武・渡辺GM ルーキーコンビのブルペン視察 宮川&浜屋に「ともに即戦力」

[ 2020年1月22日 14:30 ]

渡辺GMのブルペン初視察を受けた西武ドラフト1位・宮川
Photo By スポニチ

 西武の渡辺久信GMが22日、室内練習場で新人合同自主トレを視察。最速154キロ右腕のドラフト1位・宮川哲(24)、同2位左腕・浜屋将太(20)のブルペンを初めて見守った。

 両腕ともに、この日発表されたキャンプメンバーではA班(1軍)入り。立ち投げながら、充実した内容の2人の投球を最後まで見届けたGMは「当然、ともに即戦力と思っている。でも焦らずやってもらいたい」と満足そうな表情だった。

 投げ終えた浜屋は「8割ぐらいで投げましたが、(GMの視察で)ちょっと力が入ってしまった。前半はバランスを崩して球がシュート回転した。キャンプまでに調子の波をなくしたい」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月22日のニュース