19日に死去したロッテ・重光武雄オーナーからも弔電 金田正一氏「お別れの会」

[ 2020年1月22日 05:30 ]

金田正一氏「お別れの会」 ( 2020年1月21日    東京・帝国ホテル )

死去したロッテグループ創業者の重光武雄氏
Photo By 共同

 ロッテグループの創業者で球団オーナーも務め、19日に98歳で死去した重光武雄氏からの弔電が読み上げられた。「どうか天上より、人生をささげられたプロ野球の今後の姿をお見守りください」。重光氏は2日前に亡くなったばかりで、弔電は生前に送られたとみられる。長男・賢一氏は「父は重光オーナーのことが大好きで兄のように慕っていた。一番楽しそうに話していたのは叱られた話でした」と懐かしんだ。

 ▼ロッテ・河合克美オーナー代行 金田さんは重光オーナーを本当に慕い、奥さまとも深く親交していた。(重光オーナー死去の2日後にお別れ会開催に)ご縁をつくづく感じます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月22日のニュース