DeNA・パットン「手も肩も状態はとても良い」 既に米で2度ブルペン入り

[ 2020年1月22日 22:45 ]

来日したDeNAのパットン
Photo By スポニチ

 DeNAのスペンサー・パットン投手が22日、羽田空港着の航空機で来日した。

 米テキサス州の新居の一室にジムを構え「シーズンオフは、ほとんどの時間を新しい家で過ごし、基本的にはそこでトレーニングを行いました」という。また既に2度ブルペンに入って投球練習も行い「手も肩も状態はとても良い」と順調な調整ぶりを口にした。

 昨季は降板後にベンチの冷蔵庫を殴打し右手骨折の失態も犯した右腕だが、来日4年目のシーズンへ「目標は、まず春先から良いスタートを切ること、そして終盤までペースダウンする事なく乗り切ること。来日以来最高のシーズンとなるよう努力していきます」と気合いを込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月22日のニュース