ヤクルトドラ3杉山、奥川とのキャッチボールで驚き「今まで見たことないボール」

[ 2020年1月7日 15:17 ]

<ヤクルト新人合同自主トレ>高津監督(右)の話を聞く(左から)奥川、吉田、杉山、大西、長岡、武岡(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの新人合同自主トレが7日、埼玉県の戸田球場でスタートした。開始前から多くの報道陣やファンが待ち受け、ドラフト1位・奥川(星稜)の注目度の高さを伺わせた。

 高津監督ら首脳陣が見守る中、アップ、キャッチボール、ノック、ランニングなど約2時間の練習を行った。ドラフト3位の杉山(創価大)は奥川とキャッチボールを行い「今まで見たことのないボール。すごいな、と思いました」と驚きを隠さなかった。大卒の杉山には即戦力の期待が高いが「怪我をしないように、しっかりやっていきたい」と意欲を示していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月7日のニュース