DeNAドラ7浅田 高校時代から6キロ増量 奥川、佐々木を「超えられる選手に」

[ 2020年1月7日 11:02 ]

青星寮に入寮したDeNAのドラフト7位・浅田
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト7位・浅田将汰投手(有明)が横須賀市内の青星寮に入寮した。

 昨年U18日本代表に選出された最速149キロ右腕。「奥川君や佐々木君というライバルがいるので超えられる選手になりたい」と夢を抱いた。

 そのためにも、最速155キロを目指して冬もウエートトレーニング&食トレに励み、高校野球引退後から6キロ増に成功した。「まずは1軍で活躍する選手になって、ゆくゆくは千賀投手や菅野投手のような日本を代表するような投手になりたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月7日のニュース