DeNAドラ3伊勢 交通事故を謝罪 8日始動も…ワクワクから一転「戸惑いも」

[ 2020年1月7日 10:58 ]

入寮して報道陣に対応するDeNAのドラフト3位・伊勢
Photo By スポニチ

 4日に交通事故を起こしていたDeNAのドラフト3位・伊勢大夢投手(明大)が7日、報道陣に対応した。

 4日に熊本市内で自身が運転する車が交通事故を起こし、首、胸、手首の打撲とむち打ちの症状が出ていると球団が6日発表していた。6日夜に横須賀市内の青星寮に入寮。この日報道陣の前で「自分の運転により被害に遭わせた方、関係者の方、本当に申し訳ありませんでした。今後はプロ野球選手としての自覚を一層持ち、自覚を持った行動をしていきます」と頭を下げた。

 むち打ちなどの症状は日に日に治まっているというが、8日から始まる新人合同自主トレのメニューは今後トレーナーが判断する。「事故を起こす前はワクワクしていたが、今は戸惑いもある。一番は家族、特に父が支えてくれたので、恩返しするためにも野球を頑張りたい」と沈痛な面持ちを浮かべていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月7日のニュース