広島ドラ3鈴木寛 初の一人部屋に「寝てる時間を減らして自主練を…」

[ 2020年1月7日 20:27 ]

<広島新人選手入寮>持参した枕でリラックスする鈴木寛 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の新人9選手(育成を含む)は7日、広島県廿日市市内の大野寮に入寮した。

 ドラフト3位の鈴木寛人投手(18=霞ケ浦)は、道原寮長からの説明を聞き終えると「私生活からしっかりしていきたい。高校でも礼儀とかは厳しかったので、役立てていきたいです」と気を引き締めた。

 高校時代は4人1部屋の寮生活。ついに1人部屋を与えられることとなったが、「時間があれば昼寝とかでよく寝るタイプ。寝ている時間を減らして、自主練をしたい」と自覚を口にした。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月7日のニュース