山口 球速アップ、ローテ入りへオーバースロー回帰「今のままでは通用しない」

[ 2020年1月7日 05:30 ]

那覇市内で自主トレを公開した山口(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 巨人からポスティングシステムでブルージェイズへの移籍が決まった山口俊投手(32)が6日、那覇市内で自主トレを公開した。ブ軍から先発も救援もできる万能性が評価されるが、先発ローテーション入りを目標に設定。直球の平均球速150キロ台を目指し、右腕の振りをスリークオーター気味から以前のオーバースローに戻すことを明かした。

 最高気温22度。抜けるような那覇の青空の下、山口の表情は晴れやかだった。ブルージェイズ移籍後初の公の場。夢舞台で生き抜く強い決意を示した。

 「先発の枠を勝ち取っていけるようにキャンプから臨んでいきたい」。19歳の戸郷、育成の山川、与那原ら巨人の若手との合同自主トレ。メジャー公式球でのキャッチボールでは右腕の位置をこれまでよりやや高くした。

 「まずは直球。球速はメジャーの平均に劣るけど、その生命線がないと落ちるボールも効かない。今のままでは通用しない。何とかもう一つレベルアップしていきたい」

 上から叩きつけて投げて強いスピンをかける狙いがあり「絶対、球速も上がってくる。欲を言うと平均3、4キロは上げ、常時150キロはいきたい」。昨季最多勝、最多奪三振、勝率1位の投手3冠に輝いた右腕が、適応へフォームを変える。

 英語の習得にも余念がない。スマホの英語学習アプリ「Duolingo(デュオリンゴ)」を使い「“This is a pen”から学んでいる(笑い)。自分から(チームメートに)なじんでいかないと。大事なこと」。発音練習や文章の並び替えなどに励み「文法が難しい」と照れるが、英語の成績は中学、高校時代とも5段階で「4」と苦手ではなかったという。

 先発5番手を争う立場。ヤンキース・田中、レイズ・筒香との同地区対決の前に、開幕2カード目の3月30日(日本時間31日)からのレッズ3連戦で秋山との日本人対決が実現する可能性もある。ただ、本人は「どうローテーションに食い込むか。まずは周りがどうこうよりも自分がしっかり(先発ローテーション)枠に入れるようにやっていきたい」と足元を見据える。

 那覇での自主トレ後は鳥取で最終調整に入る。「“用意ドン”からアピールする立場。例年以上につくり上げていかないといけない」。変化を恐れず、さらなる進化へ。オールドルーキーの戦いが始まる。 (柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月7日のニュース