巨人・丸 ポーズとダンスで右中間の輪!新加入パーラはシャークダンスが代名詞

[ 2020年1月7日 05:30 ]

打撃練習に汗を流す丸(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 巨人の丸佳浩外野手(30)が6日、川崎市のジャイアンツ球場で始動した。昨年「丸ポーズ」でファンの 心をつかんだ丸は、ナショナルズで腕をサメの口のように上下させる「シャークダンス」が代名詞となった新外国人、ヘラルド・パーラ外野手(32)の加入を歓迎し、共闘を誓った。右中間でコンビを組むこと が濃厚な2人が、ポーズとダンスでリ ーグ連覇と8年ぶりの日本一に導く。

 ジャイアンツ球場開きとなったこの日、丸は自主トレを公開。実績だけでなくパフォーマンスも兼ね備えた大物助っ人・パーラとの共演を心待ちにした。

 「キャンプの段階で話す機会があると思う。(同じ)外野手ですし連係の部分もある。日本人と外国人で掛け声も違う。意思疎通を図れるようにしていきたい」

 昨年は頭の上で大きな円を描く「丸ポーズ」がチーム内に浸透。ベンチの原監督も「丸ポーズ」で待ち受け、一体感 が生まれ、リーグ優勝を果たした。パーラも昨年、世界一となったナショナルズで、登場曲に採用した童謡「ベビー・シャーク」が流行。パーラの登場に合わせてファンが手を伸ばして上下に叩く「シャークダンス」が定着し、打った選手が塁上でパフォーマンスとして取り入れるようにもなった。

 広島から移籍してきた昨年は、坂本勇や菅野ら周囲の歓迎ムードにも助けられた。環境が整うことで、より力を発揮できることは身を持って体験済み。異国での挑戦となるパーラについて「戸惑うところもあるでしょうから」とし「日本のピッチャーはこういう感じだよ、とかね」と日本の投手の情報も伝える。コミュニケーションを取りつつ、チームに溶け込みやすい雰囲気をつくり出す考えだ。

 自主トレでは、ティー打撃やマシン相手に緩い球を打ちながら打撃フォームを入念に確認した。昨年は5年ぶりのリーグ優勝に貢献しながら、個人としては4年連続で日本シリーズに敗退。「何とか日本一になりたい」と目標を設定した。昨年11月の国際大会「プレミア12」で優勝を経験し「やることをやった上で、選ばれるように」と東京五輪への思いも格段に強くなった。

 今季の新ポーズについては「片手の方が楽なのかな?」と思案中。右中間を守ることが予想される2人が打撃に守備、そしてパフォーマンスでチームを盛り上げれば、球場は一体感に包まれる。 (川手 達矢)

 【球界主なパフォーマンス】

 ・西武・山川「どすこい」 山川がベンチに戻った際、相撲の四股を踏んだ後に両手を天に突き上げるパフォーマンス。御嶽海に似ているため、18年から披露。

 ・ソフトバンク・松田宣が拳を天に突き上げて、絶叫するパフォーマンス。本来は15年のチームスローガンで、16年から定着。自身の愛称にもなった。

 ・寿司が好物のロッテ・レアードが日本ハム時代から披露。魚を釣ってさばいて寿司を握るまでが一連の動作で、最近は三木の実食も追加。

 ・ソフトバンク・グラシアルがベンチの選手とハイタッチ後、高谷に対して右アッパーを打ち込む。高谷が本塁打を放った際、グラシアルに見舞ったことも。

 ・「おにぎり君」が愛称の日本ハム・横尾が、ダイヤモンドを回る際におにぎりを握るポーズ。名付け親の白井元コーチが三塁コーチボックスから握る姿も名物だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月7日のニュース