中日・堂上、右肘手術後初フリー打撃で快音「違和感なかった」

[ 2020年1月7日 16:52 ]

<中日自主トレ>フリー打撃で快音を響かせる堂上(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 昨年10月に右肘を手術した中日・堂上が7日、術後初めてフリー打撃を行った。

 室内練習場で赤田打撃投手の球を打ち返して快音を響かせ「屋外はまた違うかもしれないが、違和感はなかったです。打つのは不安無く振れている」と汗をぬぐった。

 すでにスローイングも再開しており「無理せず慎重に。時間と肘を見ながら、キャンプに間に合わせていきたい」と明るい表情を見せた。

 また、兄・剛裕さんが球団スタッフとして今年から中日に復帰。年末年始は会えなかったそうだが「ちょくちょく連絡をしているので」と14年以来となる堂上兄弟の集結を喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月7日のニュース