日本ハム・ドラ2立野 オーダー6万円の“白星スーツ”で第一歩

[ 2020年1月7日 05:30 ]

入寮した日本ハムドラフト2位の立野は裏地に白星をあしらったスーツを着てポーズをとる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

最速152キロを誇る日本ハムのドラフト2位・立野(東海理化)が「白星スーツ」を身にまとって千葉・鎌ケ谷の「勇翔寮」に入寮した。

 プロ入りが決まってからオーダーしたという6万円の茶色のスーツの裏地は、赤を基調に無数の白い星が並んだもの。知人のスーツ店で注文する際に「パッと」目に留まったそうで「白星をここからたくさん積み上げていけるように」と験を担いで即決した。球団からは即戦力として期待されており「(目標の勝利数は)特にないけど、とことんやりたい」。あす8日から始まる新人合同自主トレで1軍入りをアピールしていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月7日のニュース