ロッテ種市先輩が朗希の世話係 同じ東北人「コミュニケーションをとりたい」

[ 2019年12月12日 05:30 ]

ロッテ・種市は441%増となる年俸3000万円で契約を更改。背番号も「16」に決まり、驚きの「じぇじぇじぇー!」
Photo By スポニチ

 ロッテの高卒3年目・種市がZOZOマリンで契約交渉に臨み、680万円から341%増の年俸3000万円で更改。来季から背番号が「16」になることも発表された。

 「(今季の)8勝以上の評価をしていただきました。来季はローテーションの柱になるように頑張りたい」

 開幕は中継ぎだったが、4月下旬から先発に転向すると、チームトップタイの8勝。松本尚樹球団本部長は「来季は倍くらい勝ってほしい」と16番を提示した理由を明かした。

 10日にはさいたま市内の選手寮で見学中のドラフト1位・佐々木朗(大船渡)と遭遇。「(同じ)東北なんでよろしくね」とあいさつした青森出身の21歳右腕は「1年目は知らないことばかり。コミュニケーションをとりたい」と「令和の怪物」の「世話係」を買って出た。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月12日のニュース