岡野、昨年逃した悔しさバネ 最優秀防御率賞受賞「見返してやろうという気持ちでやってきた」

[ 2019年12月12日 05:30 ]

2019年度社会人野球表彰 授賞式  ( 2019年12月11日 )

ミス日本・度會亜衣子さん(左)と笑顔を見せる岡野(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 最優秀防御率賞を受賞した149キロ右腕の岡野は昨年指名漏れした悔しさをバネに「チームに支えてもらい、見返してやろうという気持ちでやってきた結果」と振り返った。

 須田とも握手して健闘を称え合い「須田さんが出てくると点が取れない雰囲気だった。あんな投手になりたい」。現在はフォーム改良に取り組んでおり「直球で勝負できるように。150キロを出せれば」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月12日のニュース