巨人 今季ワーストタイ3安打零敗でM足踏み 6カードぶり負け越し

[ 2019年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0-3DeNA ( 2019年8月25日    東京D )

7回2死二塁、乙坂に打たれた瞬間に顔をゆがめる山口(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は前夜に初点灯したマジック20を減らすことができず、5年ぶりリーグ制覇へ足踏みとなった。打線は今季ワーストタイの3安打だったが、3本は全て回の先頭打者が放った二塁打。後続が倒れて三塁が踏めず、原監督は「3回シチュエーションがあったけど、進塁打というものがないというところでしょう」と振り返った。ピンチでコースに投げきる今永から、もう一本が出なかった。

 3時間54分の延長11回を戦ったナイターから、一夜明けたデーゲーム。野手は本拠地では今季初めて試合前のフリー打撃を行わず、各自コンディショニングの時間に充てた。丸はティー打撃で備え、阿部や若手選手は、守備練習で万全を期したが得点にはつながらなかった。

 今季4度目の零敗で、6カードぶりの負け越し。DeNAとの対戦成績は9勝10敗となった。吉村打撃総合コーチは「先制のタイミングも、追いつくタイミングもあった」と対策を練る。27日から広島3連戦を迎える原監督は「強敵ばかりだから、みんなね」と気を引き締めた。(神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月26日のニュース