中日19歳右腕・山本 ナゴヤD初勝利に「最高でーす」絶叫

[ 2019年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   中日10-4広島 ( 2019年8月25日    ナゴヤD )

本拠地初勝利を挙げた山本は、お立ち台で「最高でーす!」と絶叫する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 お立ち台に上がった中日2年目・山本が「最高でーす」と2度絶叫した。本拠地ナゴヤドーム初勝利で今季2勝目。「立ち上がり力んでしまいましたが、2回からいいように力が抜けました」。プロ初先発した7月24日の広島戦と同じく初回に2失点したが、5回1/3を4安打2失点でまとめた。

 逆転した4回にはプロ初安打初打点が飛び出した。「柳さんから『ボールを見て当てにいけ。転がしたら何かあるから』とアドバイスしてもらいました」。2死一、二塁で内角球に食らいついた打球は三塁アンツーカーで高く跳ね、左前へ抜ける適時打に。自らを助ける4点目となった。

 与田監督は「若い選手がどんどん活躍している」と19歳右腕の投球を喜んだ。(田中 貴久)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月26日のニュース