阪神・矢野監督、今季初6連勝ならず 逆転CSへ「また甲子園でワイワイできるように」

[ 2019年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-5ヤクルト ( 2019年8月25日    神宮 )

敗戦に肩を落として球場をあとにする矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は25日のヤクルト戦に敗れ、今季初の6連勝を逃した。矢野燿大監督(50)は1点劣勢の7回にドリスを投入。2死満塁から代打・川端に右翼へ痛恨の2点適時打を浴びた。長期ロードは10勝10敗1分けで終え、27日から甲子園で中日と対戦する。3位・広島と3差。逆転でのクライマックス・シリーズ進出へ、本拠地で巻き返しを図る。

 6連勝の野望は一瞬にして霧散した。1点劣勢の7回、矢野監督は3番手でドリスを投入。これが結果的に裏目になった。助っ人右腕は1死から雄平に四球を与え、村上と中村に連打を浴びた。満塁に傷口を広げると、2死から代打・川端に右前へ痛恨の適時2点打を浴びた。

 「(ドリスは)いいとは言えないと思うんだけどね。今まで後ろで投げていたから。本人的にも多少の違和感はあると思う。あそこをドリスで行ったことは後悔していないし、ある程度勝負にいっているので。仕方がないと思います」

 8回には4番手の守屋が2死から連打を浴びて失点。大勢は決した。打線は3回に福留の右前打で先制。理想的な流れをつくったものの、その後は好機で1本が出なかった。ヤクルト先発ブキャナンにわずか6安打に封じられ、今季だけで3勝を献上してしまった。

 「投打ともに結局、紙一重やと思う。チャンスをつくったけど、結果的に1本が出ない。ドリスも守屋もガルシアもあと一歩のところを粘れたら、全然違うゲームになっていたと思う。今日はどっちも瀬戸際というか、勝負どころでの結果が出なかった」

 長期ロードは10勝10敗1分けでフィニッシュした。「チャンスをつくって後1本出して、ピッチャーみんなでつなげていくというのは一番良い理想の形だと思う。そういう形は見えつつあるかなと思います」とは指揮官。長期ロードの終盤は先制し、先発陣が粘って逃げ切る形を確立。連勝は5で止まったが、手応えも残った。

 「甲子園もやっぱ久しぶりやから。また甲子園でワイワイできるような試合を見せたい。きょう負けたことはもちろん残念で、勝って甲子園へ戻りたいっていうのは自分もチームももちろんあったけど。また火曜日から残り全力で盛り上げられるように結果ももちろん出したいし、全力で頑張ります」

 27日から甲子園で中日を迎え撃つ。3位・広島とはわずか3差だ。残り24試合。26日ぶりに戻る本拠地の大声援を背に受け、逆転でのクライマックス・シリーズ進出へ全力を注いでいく。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月26日のニュース