大谷 16年青木以来シーズン100安打 日本選手11人目

[ 2019年8月26日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス2―5アストロズ ( 2019年8月24日    ヒューストン )

<アストロズ・エンゼルス>中前打で相手守備のスキをつき、二塁に滑り込んだがアウトの判定。ビデオ判定の「チャンレンジ」を要求し、その間、セーフのジェスチャーをする大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)は24日(日本時間25日)、アストロズ戦に「3番・DH」で出場し、5打数1安打。メジャー2年目で初のシーズン100安打に到達した。

 米大リーグで日本選手がシーズン100安打を放つのは16年マリナーズの青木宣親(現ヤクルト)以来。大谷は3年ぶり11人目の到達者となった。到達回数はイチローの14回が最多で、松井秀喜の7回、青木の5回と続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月26日のニュース