オリ 元同僚金子に5回零封喫し完敗、指揮官「監督の責任」

[ 2019年8月26日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1-6日本ハム ( 2019年8月25日    京セラD )

6回1死一、三塁、封殺打を放ち1点を返すロメロ(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスにとっては、初回の拙攻が全てだった。先頭・福田は右前打で出塁も直後に二盗を図って盗塁死。続く宗は左中間への打球で二塁を狙ったが、これまた憤死した。3番の吉田正が二塁内野安打を放ち、1番から“3連打”しながら後続が凡退して無得点。元エースだった金子の立ち上がりを皮肉にも助ける形で、5回を零封された。

 これで今季5戦3敗、24イニング連続無得点。逆転CSへ5位・日本ハムに手痛いカード負け越しを喫し、西村監督は「1番から安打3本出てね、この大事な試合で…。そういう選手を起用している監督の責任です」と嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月26日のニュース