ロッテ 東洋大コンビが後輩撃ち!清田&鈴木がソフトB甲斐野攻略

[ 2019年8月26日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4-3ソフトバンク ( 2019年8月25日    ZOZO )

7回1死三塁で平沢の代打・清田は勝ち越しとなるボテボテの内野ゴロ(撮影・長久保  豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの打のヒーローは東洋大コンビだった。1―1で迎えた7回1死三塁、代打・清田の投ゴロの間に勝ち越し点。なお2死一、三塁では鈴木の左中間2点二塁打で突き放した。

 打った相手もまた、大学の後輩・甲斐野。鈴木は「先輩(清田)がいい流れをつくってくれた。(甲斐野は)少しだけ、意識しましたね」と会心の笑みを浮かべていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月26日のニュース