巨人 菅野、ベスト状態で開幕へ変則調整 登板間隔5→8→5日

[ 2019年3月8日 08:34 ]

ウオーミングアップする(左から)阿部、桜井、菅野(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人の開幕投手・菅野の登板日程が固まった。8日、オリックスとのオープン戦(京セラドーム)に先発。その後は14日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)、23日のロッテ戦(東京ドーム)を経て29日の広島戦(マツダ)に向かう。

 登板間隔は5日→8日→5日とやや変則。2月23日の初実戦の際に「体が軽過ぎる」と話しており、中5日で開幕に臨むことで軽過ぎず、ベストな状態をつくる狙いもあるとみられる。オリックス戦に向け、エースは「やってきたことをやるだけ」と語った。

 8日は菅野の後に宮国、中川、桜井が登板予定。いずれも菅野のハワイ自主トレに同行したメンバーだ。宮本投手総合コーチは「リリーフ陣が皆、結果を出して、サバイバル度がアップしている。中川、宮国がどう食いついてくるか見たい」と話した。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月8日のニュース