巨人 長嶋氏「丸に会いたい」 山口オーナーが胸中代弁 東京Dでの観戦も期待

[ 2019年3月8日 08:00 ]

関西燦燦会で激励を受ける(左から)元木コーチ、後藤コーチ、水野コーチ、宮本コーチ、吉村コーチ、原監督、坂本、丸、小林、吉川尚、岡本(読売新聞大阪本社提供)
Photo By 提供写真

 関西の財界関係者らによる「第5回関西燦燦(さんさん)会」の総会が大阪市内のホテルで開かれ、巨人の山口寿一オーナー、原監督ら54人が出席した。

 総会後、山口オーナーが長嶋茂雄終身名誉監督=の近況について「胆石に関しては相当改善して、大きな手術とかは必要なくなった」と説明。「リハビリが整ってくれば、東京ドームに来てもらえるものだと思っている。“丸に会いたい”と言っている」と明かした。

 また、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆は今月末の「燦燦会総会」に出席する予定と説明。今月、「西部燦燦会」を設立することも明かした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月8日のニュース