オリ竹安、右肩違和感で開幕1軍絶望 投球練習一部制限

[ 2019年3月8日 06:30 ]

オリックス・竹安(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックス竹安大知投手(24)の開幕1軍入りが絶望的になったことが分かった。右肩に違和感を抱えている模様で、投球練習を一部制限中。雨天中止になった7日の教育リーグ・中日戦での登板予定も事前の段階で変更が決まっていた。

 竹安は阪神にFA移籍した西の人的補償として入団し、先発ローテーション入りを期待された。2月28日の西武戦では3回を1安打無失点に抑え、西村監督は「ファームに預かってもらって、良ければ、もう一回、こっちで見ようと思う」と明言。その再昇格案も今回の登板回避で白紙に戻った。幸いにも軽症とみられ、焦らせずに調整させる方針だ。

 先発候補としては山崎福の1軍昇格が決まり、9日の巨人戦(京セラドーム)で登板する。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月8日のニュース