日本ハム柿木、9日に対外試合初登板 同日実戦デビューの根尾にライバル心「根尾以上にやったろう」

[ 2019年3月8日 14:30 ]

2軍練習で笑顔を見せる日本ハム・柿木(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト5位・柿木蓮投手(18=大阪桐蔭)が8日、千葉・鎌ケ谷で2軍の合同練習に参加。対外試合初登板へ意気込みを話した。

 柿木は、あす9日に行われるイースタン教育リーグの楽天戦(鎌ケ谷)に登板し、中継ぎで1イニングを投げる予定。「(これまでの)ブルペンの中で、強い球を投げるっていうのは上手くいっている。しっかり勝負して抑えられたら」と話した。

 目標は、「0に抑える」と、きっぱり。同日9日には、元チームメイトの中日・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)も実戦デビューするとあって、「たまたま同じ日ですけど、根尾も頑張っているので負けられない。根尾以上にやったろう、と頑張りたい」とも話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月8日のニュース