阪神 矢野監督、原口と再会「顔を見られて良かった」1軍復帰「信じて待つ」

[ 2019年3月8日 07:40 ]

試合前練習で素振りをする矢野監督(3月3日撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・矢野監督は原口の2軍合流に胸をなで下ろした。午前中に甲子園球場のクラブハウスで再会。直接激励し、改めて早期復帰を願った。

 「顔を見られて良かった。改めていろいろと大変なところもあると思うけど、俺らは待つしかないしね」

 必要な1軍戦力という位置づけは変わらない。「すごく成長して帰ってくると思う」と困難を乗り越えた勇姿を心待ちにした。

 昨年は2軍監督、一昨年は担当コーチとして身近で見続けただけに強い思い入れは当然だ。「この甲子園で暴れ回る姿というか、ファンの人にそういう姿を見せることができると思う。それを信じて待つ」。過酷なリハビリを続ける原口の背中を熱い言葉で押した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月8日のニュース