DeNA上茶谷、ドラ1の4回以上完全はG尚成以来19年ぶり

[ 2019年3月8日 05:30 ]

オープン戦   DeNA5―0中日 ( 2019年3月7日    ナゴヤ )

4回をノーヒットに抑える好投を見せた上茶谷(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 上茶谷(D)が4回を無走者無失点。ドラフト最上位ルーキーがオープン戦初登板で4回以上を完全に抑えたのは、高橋尚成(巨)が00年3月3日のダイエー戦で5回を抑えて以来19年ぶりだ。

 また、DeNAのドラフト1位投手のオープン戦初登板初勝利は16年3月2日ヤクルト戦の今永以来3年ぶり。今永は5回1安打無失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月8日のニュース