巨人・坂本が先頭打者弾!原監督の新オーダーで結果出した 3番・丸もマルチ

[ 2019年3月8日 17:08 ]

<オ・巨>初回、坂本勇は左越えに先頭打者弾を放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人・原辰徳監督(60)が8日、オリックスとのオープン戦で新オーダーを組んだ。これまでのオープン戦5試合の「2番・丸、3番・坂本勇」から「1番・坂本勇、3番・丸」に組み替えた。

 「1番・坂本勇」が初回にいきなり結果を出す。相手先発エップラーのカットボールを強振。京セラドームの左翼席へ運んだ。「3番・丸」も第1打席で右安打、3回の第2打席に左安打を放った。

 坂本勇は「打ったのはカットボール、コンパクトに打つことを心掛けました。少し泳ぎぎみでしたが、ホームランになって良かったです」と振り返った。

 原監督は雨天中止となった6日の広島戦で1〜3番を入れ替え、1番・坂本勇、2番・吉川尚、3番・丸の新オーダーを試そうとしていたことを明かしていた。坂本勇はここまでのオープン戦5試合で打率・133で、指揮官は6日に「(坂本)勇人も結果を出したいだろうし、環境を変えてあげたらどうかなというところ」と狙いを説明していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月8日のニュース