高校野球対外試合解禁 センバツ出場の山梨学院は日体大と引き分け

[ 2019年3月8日 18:26 ]

<日体大・山梨学院>8回に同点の適時二塁打を放った山梨学院の4番、野村
Photo By スポニチ

 高校野球の対外試合が8日、解禁され、全国で試合が行われた。

 今春センバツ出場の山梨学院は日体大と対戦し、4―4で引き分けた。

 相手は新1、2年生主体だったが、昨秋ドラフト候補にも挙がった藤嶺藤沢出身の149キロ左腕・矢沢らが登板。大学生の強烈な速球に4番の“デスパイネ”こと野村健太外野手(新3年)は「すごい速くてびっくりした」と苦笑い。ノーアーチだったが、持ち味のフルスイングは貫き、9回に同点の適時二塁打を放った。

 それでも吉田洸二監督は「きょうはテーマを見つけることがテーマだった」とし、「速い球を見られたことはバッターにとって大きな収穫だった。日体大さんに感謝したい」と話していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月8日のニュース