ソフトB内川、マルチ安打2打点の活躍!ルーキー奥村、甲斐野が好投

[ 2019年3月6日 20:56 ]

オープン戦   ソフトバンク5―2西武 ( 2019年3月6日    ヤフオクドーム )

5回2死一、二塁、右前適時打を放つ内川(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの内川が、6日、ヤフオクドームでの西武戦で3打数2安打2打点の活躍でチームの勝利に貢献した。投げては、2番手、3番手で登板したルーキーの奥村と甲斐野が好投を見せた。

 内川は、同点で迎えた3回2死一塁の第2打席で、カウント1−1からの3球目を右方向へ適時二塁打を放ち、チームは勝ち越しに成功した。続く第3打席は、5回2死一、二塁でカウント2−2から右前適時打を放って追加点。その後チームは8回に、上林と西田の適時打で2点を追加した。

 先発の大竹が3回39球を投げて、1本塁打を含む2安打1失点で降板。4回から2番手で登板した奥村が2回33球を投げて、無安打無失点1奪三振と完璧な投球を披露。6回からマウンドに上がった甲斐野が1回8球を投げて、1安打無失点の好投を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース