ヤンキース セベリーノが右肩炎症でチーム離脱 マー君2年ぶり開幕投手の可能性浮上

[ 2019年3月6日 15:35 ]

ヤンキースのルイス・セベリーノ投手 (AP)
Photo By AP

 昨季にチームトップの19勝を挙げたヤンキースのルイス・セベリーノ投手(25)が、右肩の炎症のため、2年連続となる開幕戦での先発が絶望的となった。

 右肩に違和感を覚えたセベリーノは、5日に予定していたオープン戦の登板を回避。その後の検査で炎症を起こしていることが明らかとなり、2週間の安静が必要と診断された。これにより、3月28日(日本時間29日)の開幕戦での登板は絶望的。代わりの開幕投手についてブーン監督は明言を避けたが、2015年から3年連続で開幕投手を務めた田中が2年ぶりの大役に就く可能性もある。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース