広島ドラ1小園 華麗に本拠地デビュー 併殺決めた、内野安打も

[ 2019年3月6日 05:30 ]

オープン戦   広島4―1巨人 ( 2019年3月5日    マツダ )

<広・巨>8回1死、小園は捕手前内野安打で一塁に駆け込む。野手・岡本(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位の小園(報徳学園)が華麗に本拠地デビューを果たした。

 5日の巨人戦で遊撃手の田中広に代わって5回の守備から途中出場。坂本勇のゴロを軽快にさばくと、1点を返された6回、なおも1死満塁でも代打・大城のゴロを無難に処理し、併殺を完成させた。「とりあえず慣れることが大事。今日はうまくいってよかったです」。打っても8回1死から捕前内野安打で出塁し、オープン戦の打率は驚異の・556。アピールは止まらない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース