日本ハム・白村 野手転向後初打席でフェンス直撃二塁打「たまたまだけど…」

[ 2019年3月6日 16:46 ]

<教育L ロ・日>3回2死、二塁打を放つ日本ハム・白村 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 日本ハムの白村明弘(27)が6日、イースタン教育リーグのロッテ戦(浦和)で野手転向後、初打席で初安打を放った。

 3回2死から、二木康太投手(23)の投じた直球を強振。左中間へ伸びた打球は、フェンス直撃の二塁打となった。

 「球の行方を見ている余裕はなかったけど、ガシャンって音がしたからフェンス直撃かなって。たまたまだけど、結果として残ったのは良かった」。

 2月19日に栗山監督に打者転向を言い渡されてから初の実戦。これまで打撃投手を立たせてのフリー打撃すら行う時間すらなかったが、プロの投手を相手にぶっつけ本番で試合に臨み結果を残した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース