ロッテ小島また間違えられた…初OP戦で「コジマ」アナウンス 好投3回4K1失点

[ 2019年3月6日 15:41 ]

オープン戦   ロッテ―日本ハム ( 2019年3月6日    鎌スタ )

<日・ロ>4回から登板した小島 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト3位左腕・小島がオープン戦初登板。3回2安打1失点で4奪三振の好投を披露した。

 開幕ローテーション入りを目指す先発テスト。井口監督は試合前に「先発として期待しているし、何とか長いイニングを投げて欲しい。どんな投球をするか楽しみ」と話していた。

 2番手として4回のマウンドへ。いきなり谷内を空振り三振に仕留めるスタートを切った。その後に2死一、二塁のピンチを迎えたが、西川を一ゴロに仕留めた。

 5回はリズム良く3者凡退。6回に先頭・大田に左翼への一発を浴びたものの、最後は代打・森山、中島卓を連続で3球三振に仕留めた。

 ベンチの期待に応える好投。しかしマウンドに上がった際には、場内アナウンスで「ピッチャーは涌井に代わりまして、コジマ」と紹介されてしまった。読みは「オジマ」。これまでも間違えられることが多く、球団は「コジマじゃないよ。オジマだよっ!Tシャツ」の発売も検討している。

 シーズンでは1軍でフル回転し、誰からも「オジマ」と呼ばれるよう一気に名前を広める。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース