牛島氏 巨人に厄介な左腕、広島・床田は球威も制球もいい

[ 2019年3月6日 09:00 ]

オープン戦   巨人1―4広島 ( 2019年3月5日    マツダ )

<広・巨>4回無失点の好投を見せた広島先発・床田(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 【牛島和彦 CHECK!】打倒広島を目指す巨人にとっては厄介な投手が出てきた。先発した左腕の床田はゆったりしたフォームから両コーナーに切れのいい球を投げ分ける。

 初回いきなり3者連続三振。1死から丸に対しては初球カーブ、2球目スライダーがボールになったが、3球目は真っすぐ狙いで振ってきた丸を空振り。4球目も同じ144キロ、最後は148キロで3球連続で空振りを奪い、丸のびっくりした表情が印象的だった。

 右打者に対しても、坂本勇は打ってもファウルにしかならない内角スライダーを続けて追い込み、最後は外角の真っすぐで見逃し三振。次の打席では内角低めを突いて三振に斬った。

 左打者でも右打者でもしっかり内角を攻められる左腕。制球もいい。先発左腕はジョンソンしかいなかったが、順調にいけば先発ローテーションに入ってくる。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース