ロッテ中村 先制2ラン&逆転口火打で好調アピール「状態まだまだ上がる」

[ 2019年3月6日 20:41 ]

オープン戦   ロッテ―日本ハム ( 2019年3月6日    鎌スタ )

<日・ロ>1回1死一塁、中村は左越え本塁打を放つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテ・中村が侍ジャパンへの合流を前に好調ぶりをアピールした。

 日本ハム戦の初回、1死一塁で上沢の141キロの直球を左翼へ先制2ラン。8回には2死無走者から左前打で出塁し、そこから一気に7点を奪う逆転劇の起点となった。

 「状態はいい時も良くない時もあったけど、まだまだ上がると思う」

 8、9日にはメキシコとの強化試合(京セラドーム)を控え、7日には侍ジャパンに合流する。「いつも通りに、チームのためのプレーをしたい」と、日の丸を背負っての奮闘を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース