ソフトB江川が腰を手術、復帰まで約3カ月

[ 2019年3月6日 20:24 ]

 ソフトバンクは6日、江川智晃外野手が徳島市内の病院で脊椎全内視鏡ヘルニア摘出術、内視鏡下椎間板摘出術を受けたことを発表した。10日程度入院し、復帰まで約3カ月を要する見込み。

 江川は宮崎キャンプ直前の1月28日にぎっくり腰を発症し、リハビリ組スタート。キャンプ中に担当医の診察を受け、手術の選択肢を提示されていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月6日のニュース