西武 多和田、へんとう炎で発熱 6日先発回避 開幕投手再考も

[ 2019年3月6日 06:46 ]

西武・多和田
Photo By スポニチ

 西武の開幕投手に内定している多和田がへんとう炎による発熱で、6日のソフトバンク戦先発を回避する。

 昨季リーグトップの16勝を挙げた右腕は、2月26日の韓国・斗山戦先発後は西武第2で調整を続けていた。一時38度近くあった熱も現在は下がっているという。今後の登板予定について小野投手コーチは「本人の状態をみてから。次も未定」と慎重。さらに開幕投手の再考についても「可能性はある。監督と相談をしていく」と含みをもたせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース