日本ハム・上沢 4回を5安打3失点 初回に2点本塁打被弾

[ 2019年3月6日 14:35 ]

オープン戦   日本ハム―ロッテ ( 2019年3月6日    鎌ケ谷 )

<オープン戦 日・ロ>日本ハムの先発・上沢(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本ハムの開幕投手に指名されている上沢直之投手(25)が6日、ロッテとのオープン戦(鎌ケ谷スタジアム)に先発。4回を投げ5安打1四球、3奪三振の3失点で降板した。

 初回1死二塁の場面では、中村奨吾に3球目の直球を左翼へ2点本塁打を浴びた。2回は連打で無死2、3塁のピンチを招き、岡の遊ゴロの間に1失点。3回にも四球と安打で1死1、2塁と走者を出すが無失点でしのいだ。4回はこの試合初めて3者凡退でに打ち取った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース