楽天・松井 9日からの西武戦で今季初実戦 平石監督、回復に太鼓判「良い球いっていた」

[ 2019年3月6日 18:17 ]

岡山・倉敷での全体練習に参加し、かがんで走りだそうとする楽天・松井(中央)
Photo By スポニチ

 楽天の守護神候補・松井裕樹投手が、9日からの西武2連戦(岡山・倉敷マスカット)で今季初実戦を迎えることが決まった。沖縄・金武キャンプ中の2月19日に腰の張りを訴え、その後は別メニュー調整を続けていた。2月26日からの台湾遠征メンバーからも外れ、コンディションの回復に努めていた。

 この日はブルペンで2日連続となる投球練習を行った。平石監督は「良い球がいっていたましたね。投球を見て安心した。(9日からの西武2連戦の)どこかで1回、投げてもらう予定です」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース